お知らせ

当サイトではアダルトを含む風俗情報を扱っております。18歳未満の方は閲覧できませんので速やかに退出してください。 当サイト掲載の記事は入念な調査の元、作成しておりますが、当サイト掲載の情報により受けた損害・損失等には一切の責任を持ちません。
ご利用・ご閲覧は自己責任の元お願い致します。

サイトメニュー

関連記事

オプションで失敗談

激しいおもちゃ責めはNG

デリヘルとは日本に風俗シーンにおいて最も勢いがあり
最もスタンダードなプレイ内容と言えるでしょう。
プレイ内容は全国共通になっており、キス、フェラチオ、素股が基本内容になっています。
しかし、長年風俗を利用している猛者の中には基本プレイに物足りなさを感じる人も少なくありません。
そういった風俗ファンのためにデリヘルにはオプションが用意されています。
これは追加料金を払って希望するオプションを追加するもので
各店舗によってさまざまなオプションが用意されています。

中でも定番となっているのはおもちゃ系でしょう。
これは電マやバイブを使用したプレイで責め好きの男性にはたまりません。
しかし、興奮しすぎ激しいプレイで嫌がられるのは失敗談のあるあるです。
おもちゃを使うことでついつい気持ちがエスカレートしてしまい、激しくなることがあるのです。
極端に激しいプレイは避けましょう。

サイズによってはAFできないことも

オプションにはハード系のものも少なくありません。
中でも代表的なものはAFでしょう。
AFは1万円以上かかることもありますが、AF好きの男性にとってたまらないオプションです。
しかし、AFオプションを利用する際の失敗談は跡を絶ちません。
AFとは肛門に挿入するプレイですが、本来挿入する場所では無いのです。
そのため、あまりにアソコのサイズが大きくなってしまうと入らないこともあるのです。
さらに、AFの挿入にはテクニックも必要とします。
そのため、アソコのサイズが大き過ぎたりテクニックが不十分だったりするとAFができないこともあるのです。
そのため、AFを成功させたいのであればベテランのデリヘル嬢を指名しましょう。

撮影オプションは顔に注意

近年は誰もがスマートフォンを利用するようになり
手軽に写真やムービーを撮ることができるようになりました。
そのため、デリヘルによってはオプションで女性の撮影ができる場合があります。
後々も楽しめるため人気のオプションとなっていますが、撮影オプションに関する失敗談も多いのです。
こういった撮影オプションは基本的に首から下の撮影に限られています。
これは撮られた女性のプライバシーを守る意味があるのです。
そのため、それを知らずに顔まで撮影してしまうとデータを消されてしまいます。
さらに、撮影枚数や撮影時間も決められているので、必ずお店の定めたルールにしたがって撮影をしましょう。